日帰り白内障手術について

日帰り白内障手術について

白内障手術について

白内障手術は医療技術の進歩によって、安全かつ短時間で出来るようになりました。 当院では最新の超音波白内障手術機械と、最新の顕微鏡による点眼麻酔での小切開手術を導入しています。 眼や身体への負担も少ないため、日帰り手術が可能です。

手術を受ける前に

白内障以外に他の目の病気がないかどうか、目の奥(網膜や視神経)の検査をします。 また、手術時に目の中に入れるレンズ(眼内レンズ)の度数を決めるために、目の大きさ(眼軸長)や目の丸み(角膜曲率半径)を測定します。同時に血液検査や血圧測定などの全身検査も行います。 現在治療中の病気(高血圧、糖尿病、心臓病など)があれば、かかりつけの先生に診療情報をいただく場合もあります。

手術3日前

抗菌剤の点眼を1日3回します。
手術前日までは普段の生活をしていただいて構いません。アルコールなども適量であれば問題ありません。 手術後数日はお風呂に入れないので、前日は入浴されておくようようお勧めします。 また、内科などのお薬も通常どおり服用しておいてください。

手術当日の流れ

当日は手術1時間前に来院していただきます。
直前には食事をたくさん取らないでください。
来院後は、血圧測定、点眼をなどを順番に行い準備していきます。
麻酔は点眼麻酔で行いますが、痛みはほとんどありません。 手術は超音波を使用して濁りを取り除いたあと、眼内レンズを挿入します。問題なければ10分程度で終了します。 手術中は医師と会話が可能ですので、リラックスをして医師の指示を聞いておいてください。 手術後は15分程度お休みになれば帰ることが出来ます。

手術後について

手術後1週間は、傷口がまだ完全に閉じていない状態です。
目をこすったり押さえたりすると、傷口が開いてばい菌が入りますので、注意が必要です。
手術翌日の夜から首から下の入浴は出来ますが、顔や髪の毛を洗うことが出来るのは術後3日目からです。 3日目からでも、洗顔剤やシャンプーが目に入らないように気を付けてください。 手術後に目の状態が安定するには2、3ヶ月かかりますので、その間は目薬をきちんと入れることが大切です。

術後の見え方について

眼内レンズは一度挿入すれば半永久的に使用できます。
通常はピントがやや遠方から中間距離に合う状態で見えるようになります。
しかし、眼内レンズは調節機能がないため、自分でピントを近くに調節することはできませんから、手元を見るときには老眼鏡が必要になります。患者さまの日常生活に合わせて、術前に医師と相談して眼内レンズの度数は決定します。

日帰り白内障手術について

日帰り白内障術の流れや術後の見え方についてご紹介いたします。患者さまへの負担も少ない手術ですので、ご安心ください。

緑内障の治療と手術について

失明原因の上位とされる緑内障についてと、その治療法・手術についてをご紹介いたします。病気を知り、早期発見・早期治療に努めましょう。

当院までのアクセス方法

各交通機関からの、あべ眼科クリニックへのアクセス方法をご紹介いたします。

よくあるご質問

患者からのよくあるお問い合わせをご紹介いたします。わからないことがあればいつでもご相談ください。